ガラケーの魅力

近年はスマートフォンがかなり普及してきましたが、それでもなおガラケーの人気が衰えることがありません。
携帯電話売場はスマホで占められているにもかかわらず、ガラケーを手に持つお客様が後を絶たないということです。

ガラケーは、機能がシンプルで使いやすいとのことで、30代から50代の男性を中心に高い支持を受けています。
スマホは使いづらいし、電池もすぐなくなる、料金が高いなどの理由で、ガラケーにこだわる方も少なくありません。

ガラケーは、音声通話とメールのみの機能しか利用しない方を中心に需要が高くなっているため、しばらくの間はガラケーが消滅することはなさそうです。

また、ガラケーは利用料金が安いというメリットもあります。
LTE対応のスマホと比較すると、ガラケーの利用料金は、スマホに比べて3千円~4千円程度安くなるとのことです。

また、ガラケーとスマホの両方を持っていて、使い分けている方もいます。

国内の大手メーカーでも、薄くて操作性の高い機種や、バッテリーが長持ちする機種を中心に、ガラケーの新機種の開発を続けています。
このガラケーは日本特有の機種で、日本の携帯電話の歴史が詰まったものであるため、簡単に消滅することはなさそうです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 携帯電話の歴史 All Rights Reserved.