携帯電話の歴史 TOP > 携帯電話の歴史 > 高齢者向けの携帯電話

高齢者向けの携帯電話

携帯電話は機能性にばかりこだわるのではなく、使用する方の年齢層に合わせても機種を開発しています。

近年は高齢者の方でも携帯電話を持つようになりました。
特に、高齢の親と子供が離れて暮らしている場合、何かあった時にお互いにすぐに連絡が取れるようにと、子供が持たせるケースが多くなっています。

高齢者向けの携帯電話は、「シニア向けケータイ」という電話機が販売されています。
画面が大表示で見やすく、ボタンも簡単に押せるようになっていて、音声もクリアになっているため、非常に人気が高い機種になっています。
NTTドコモの「らくらくホン」、auの「簡単ケータイ」、ソフトバンクモバイルの「かんたん携帯」などがあります。
ソフトバンクの簡単携帯には、見守り機能が付いており、携帯電話を広げると1日に1回登録したアドレス宛に「元気だよメール」が届くようになっています。
また、何かあった時にブザーを押すことで、登録アドレスに緊急事態が発生した旨の連絡が行きます。
そのため、離れて暮らす高齢者の見守りに最適の機種となっています。

それから、高齢者には耳が悪い方が多いため、騒音をカットし、音声をクリアにする機能も備わっています。

それからドコモの「らくらくホン7」は、防水・防塵機能が搭載されています。
水の中に落としてもしまった場合も、洗い流すことができます。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 携帯電話の歴史 All Rights Reserved.