携帯電話の歴史 TOP > 携帯電話の歴史 > 子供向けの携帯電話

子供向けの携帯電話

子供向けの携帯電話は、GPS機能に重点を置いており、親がすぐに子供の居場所をチェックできるようになっています。
NTTドコモの「キッズケータイ」、auの「mamorino」、ソフトバンクモバイルの「みまもりケータイ」や「コドモバイル」などがあります。
親子で同じキャリアにすることで、基本料金がかなりお得になるので、家族で申込むことをお勧めします。

auの「mamorino」は防犯ブザーを押せば、「セコム」に連絡が行き、オペレーターから保護者に連絡が行く仕組みになっています。
また、セコムからも担当者が現場に出向いて、子供の状況を確認してくれます。
セコムとの契約料は不要であるため、いざという時のケースを考えて契約するのも良いでしょう。

ソフトバンクモバイルの場合、防犯ブザーを押すことで親に連絡が行く仕組みを採用しています。

また、子供用の携帯電話の場合、ネットへのアクセスができないように設定することもできます。
現在は、物騒な世の中になってきたため、子供に形態を持たせたいけれども、ネットへのアクセスが心配であれば、子ども用の携帯電話を持たせた方が良いでしょう。

ソフトバンクモバイルの「コドモバイル」は通話とメールだけの機能しかついていません。
子供の居場所を特定できるのみでネットにも対応していないので、単に子供の安全のために持たせるのであれば、コドモバイルも良いでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 携帯電話の歴史 All Rights Reserved.