携帯電話の歴史 TOP > 携帯電話の歴史 > スマートフォンの普及

スマートフォンの普及

最近はスマートフォンが普及してきており、周囲を見てもほとんどの方がスマホを所有しています。
スマートフォンは、パソコンと同様に、インターネットを閲覧することができ、メールの送受信も可能で、添付ファイルもチェックできます。
その他、音楽や映像、ゲームが楽しめるなど、これまでにない機能が搭載されているとの理由で、幅広い年代層の方から支持されています。

そして、スマートフォンの普及をきっかけに、新しい形のモバイル市場が形成されました。
アップル社のiPhoneをきっかけに、GoogleのAndroidなど次から次へと新しいスタイルのスマートフォンも登場してきています。

現在、日本では、グーグルのAndroid、アップルのiPhone、マイクロソフトのWindows Mobile、RIMのBlackberryが普及しています。

日本国内では、iphoneの人気が最も高くなっていますが、Androidが急速に普及してきているため、近いうちにAndroidが主流となるのではないかと考えられています。

キャリアショップや家電量販店などでも、スマートフォン売場を拡大し、実際に手に取って操作してから、機種を選べるようにするなど、スマートフォンの販売に力を入れています。
 

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 携帯電話の歴史 All Rights Reserved.